English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 農林水産技術会議事務局の概要


ここから本文です。

農林水産技術会議事務局の概要

農林水産技術会議事務局では平成27年10月1日に、組織の再編が行われました。

農林水産技術会議の任務

農林水産技術会議は、農林水産省設置法による、国家行政組織法上の「特別の機関」として設置されています。

農林水産技術会議の主な任務は次のとおりです。

1. 農林水産研究基本計画等の策定

2. 試験研究と一般行政部局の事務との連絡調整

3. 研究開発の状況及び成果の調査

4. 農業・食品産業技術総合研究機構等の独立行政法人に関すること

5. 都道府県、民間企業等の行う研究開発の助成

6. 研究者の資質の向上

農林水産技術会議の構成メンバー

技術会議は、会長及び委員6人(任期は4年間で、非常勤である)によって構成されています。平成27年10月11日現在の会長及び委員は、次の方々です。

会長 小林 芳雄(一般財団法人 大日本蚕糸会会頭)

委員 川面 克行(アサヒグループホールディングス株式会社 代表取締役副社長)

委員 古口 達也(栃木県茂木町長)

委員 坂本 廣子(相愛大学人間発達学部客員教授)

委員 妹尾 堅一郎(一橋大学大学院商学研究科客員教授)

委員 難波 成任(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

委員 松永 和紀(科学ライター)

農林水産技術会議事務局の体制

農林水産技術会議には事務局が置かれ、事務局長の下に研究総務官のほか、課、室、筑波産学連携支援センター、研究統括官、研究開発官等が置かれています。(平成27年10月1日現在)

事務局長

研究総務官(2人)

研究調整課

・事務局の所掌事務の総括、広報、予算、人事、職員管理等

・農林水産技術会議の開催・議案整理

・独立行政法人との連絡調整、交付金、施設設備、宿舎等

研究企画課

・農林水産研究の基本計画等の企画・立案、政策評価

・総合科学技術会議等との連絡調整

・研究成果等の調査、情報の高度利用

研究企画課 技術安全室

・先端技術の研究開発に伴う安全性の確保

研究推進課

・プロジェクト研究等の推進方策の企画・立案

・研究成果の実用化の推進

・農作物の育種研究の推進

研究推進課 産学連携室

・独立行政法人、都道府県、民間事業者、大学等との産学連携研究の推進

・競争的研究資金

筑波産学連携支援センター

・農林水産試験研究に必要な筑波農林研究団地の施設(電子計算機、研究交流施設、共同利用施設等)の共同利用推進のための企画調整等

研究統括官(1人)、研究開発官(2人)

・試験研究の重要事項(生産技術担当、基礎・基盤・環境担当)の企画・立案

国際研究官(1人)

研究調整官(5人)

・試験研究の進捗状況の管理に関する試験研究機関との連絡調整、指導

農林水産技術会議事務局の所在地

郵便番号100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
Tel (03)3502-8111(代表)
最寄り駅:地下鉄霞ヶ関駅(東京メトロ丸の内線,日比谷線,千代田線)

農林水産技術会議の所在マップ

関連ページ

技術会議の開催概要

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図