English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業


ここから本文です。

更新日:平成26年8月29日 

「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」について

攻めの農林水産業を実現するため、(1)消費者ニーズに立脚し、輸出拡大をも視野に入れた新品種や新技術による強みのある農畜産物づくり、(2)大規模経営での省力・低コスト生産体系の確立、(3)民間の技術力やICT・ロボット技術等異分野の先端技術の活用などにより、従来の限界を打破する生産体系への転換を進めることが急務です。

このため、民間・大学・独法などのオールジャパンの英知を結集して、革新的な技術体系を確立するための実証研究を行うほか、民間活力を用いて革新的な技術の早期実用化や医学、理学、工学などの異分野の研究成果を農林水産分野に活用するための技術開発を緊急に行い、消費者等のニーズに応えた農林水産物の生産等を支援します。

(予算参考資料)

攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(平成25年度補正予算)(PDF:504KB)

 

【「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」のうち、「産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立」について】

※「民間企業の活力や異分野の革新的な技術を活かした技術開発」については、以下を御覧ください。http://www.s.affrc.go.jp/docs/ibunya/index.htm

 

「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち経営評価研究及びマーケティング研究)」の審査結果についてNew

公募研究課題の委託予定先の決定について

平成26年8月19日、28日(畜産分野のみ)に経営評価研究を、8月20日にマーケティング研究を、それぞれの審査委員会でその内容を審査した結果、委託予定先が決定しました。

応募課題の採択結果を以下のホームページに掲載しましたのでお知らせします。

【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】

http://www.naro.affrc.go.jp/brain/tenkai/news/2014/053953.html

「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)のうち(経営評価研究及びマーケティング研究)」に係る公募について

公募について

1.「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」のうち経営評価研究及びマーケティング研究についての公募を開始いたしました。

詳細を以下のホームページに掲載しましたのでお知らせします。

【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】

http://www.naro.affrc.go.jp/brain/tenkai/news/2014/053176.html

2.公募期間

平成26年7月10日(木曜日)~7月31日(木曜日)17時00分【厳守】

※経営評価研究の【3】畜産については、7月31日までに応募がなかったことから、

公募を8月22日(金曜日)12時00分まで延長します。

3.今後のスケジュール

公募開始(公示)------7月10日(木曜日)

公募説明会--------7月18日(金曜日)

応募の締切--------7月31日(木曜日)17時00分

審査委員会--------8月18日(月曜日)~8月20日(水曜日)予定

委託先の決定-------8月下旬

委託契約の締結------9月下旬予定

  「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業(うち産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立)」の研究計画発表会の開催について 

採択研究課題の研究計画発表会の開催について

平成26年6月5日(木曜日)及び6月6日(金曜日)に、採択された10の研究課題の64の試験研究について研究計画発表会が開催されます。

詳細を以下のホームページに掲載しましたのでお知らせします。

【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】 

   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/brain/052329.html

 「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」の審査結果について

公募研究課題の委託予定先の決定について

平成26年3月24日~2次(ヒアリング)審査を行い、審査委員会でその内容を審査した結果、委託予定先が決定しました。

応募課題の採択結果を以下のホームページに掲載しましたのでお知らせします。

【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】

 

「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る公募について

1.書面審査の結果について

平成26年2月21日(金曜日)から3月13日(木曜日)まで、「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る公募を行いました。

平成26年3月17日~書面審査を行い、その結果を以下のホームページに掲載しましたのでお知らせします。

 

【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】

 

 

2.公募について【公募の受付は終了しました】

(1)公募期間(終了)

2014年2月21日(金曜日)~3月13日(木曜日)17時00分【厳守】

(2)今後のスケジュール

  公募開始(公示)------2月21日(金曜日)

  公募説明会--------2月26日(水曜日)から3月6日(木曜日)まで全国にて実施(以下、2.公募説明会を参照)

  応募の締切--------3月13日(木曜日)17時00分

  審査委員会--------3月中旬

  委託先の決定-------4月上旬

  委託契約の締結------4月中旬

(3)公募課題、公募要領等

 応募要領、提出書類の様式等については、以下のホームページを御参照ください。

 【(独)農業・食品産業技術総合研究機構のホームページにリンクします】

 農研機構トップページ(トピックスと研究活動報告)↓
 http://www.naro.affrc.go.jp/index.html

 

 研究資金業務のトップページ↓
 http://www.naro.affrc.go.jp/brain/shien/index.html

  

3.公募説明会

当該提案公募に係る内容、提案書類、契約に係る手続き等について説明するため、以下のとおり説明会を開催しました。
 (説明会への出席は、応募に当たっての義務ではありません。)

(1)開催日時及び場所

以下のファイルを御覧ください。説明は、すべての会場で同じ内容です。

(2)説明会の内容

(1)事業の概要、応募手続、提出書類、契約手続、公募から研究開始までのスケジュール等
(2)研究公募課題の研究内容
について説明した後、質疑応答を予定しています。

(3)申込方法

出席を希望の方は、インターネット若しくはFAXにて、各開催会場ごとの締切日までにお申し込み頂けるようご協力をお願いします。

<インターネットでの申込方法>

各会場共通です。

<FAXでの申込方法>

以下の申込用紙に記入の上、各会場の申込先に申込締切日までにお申込みください。
  公募説明会申込用紙(ワード:28KB)

 公募説明会申込用紙(PDF:58KB)

 公募説明会開催日程一覧(PDF:103KB)

 (4)お問合先

①応募全般に関する問い合わせ
  独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
  生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)
  新技術開発部基礎的研究課 担当者:高瀬、鈴木
  住 所 〒333-8537
      埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番地2
(http://www.naro.affrc.go.jp/brain/shien/index.html)
  TEL:048(669)9190  ※お問い合わせ先の電話番号を修正しました
  FAX:048(666)9267 
  E-mail kisoken@ml.affrc.go.jp
受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00(土、日、祝日を除く。)

②公募研究課題について
 農林水産技術会議事務局研究推進課先端技術実証班
 担当者:柚賀(ゆが)、高橋
 TEL:03(6744)7043
 FAX:03(3593)2209

 E-mail: kakusin_gijyutu@nm.maff.go.jp

③契約事務について
 生研センター新技術開発部基礎的研究課
 担当者:伊藤、水渕
 TEL:048(664)9190
 FAX:048(666)9267 

 

「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る技術提案会

 農林水産省は、「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る技術提案会を平成26年1月21日(火曜日)から全国で順次開催しました。

 ※技術提案会は、先端技術を有する研究機関、民間企業等からの技術紹介を通じて交流を促進するために開催するものであり、審査を行う場ではありません。公募及び審査委員会は別途行います(2月中下旬以降を予定)。農業分野については、技術提案会当日、土地利用型作物(稲・麦・大豆等)に係る実証課題について、広く関係者と意見交換を行うワークショップを開催しました。

  参考:「土地利用型農業実証モデル創出ワークショップ」の開催について(ご案内)(PDF:81KB)

 

 

公募に当たっての留意点

本事業は民間・大学・独法などの英知を結集し、革新的な技術体系を確立することを目的としているため、網羅型研究が基本となりますが、各ブロックでの提案内容を見ると個別要素技術型研究が多くなっています。

個別要素技術型研究は、2ヵ年で2千万円(実証機器等も含めた総額)を上限額としています。

つきましては、今後予定しています公募への応募に当たっては、以下の各ブロックにおける提案内容(PDF資料)及び「技術提案課題一覧」(エクセル表)をご覧いただき、それぞれ連携が可能な研究機関とコンソーシアムを形成していただくなどして、網羅型研究として申請いただくことをお勧めします。

また、コンソーシアムを形成するにあたり、合理的な理由(例.①地域によって土壌や気象条件等の差が大きい、②野菜のリレー出荷等複数の産地で実施すること自体が研究要素を持つ、③2ヵ年間の研究実施期間において1経営体で同時に実証することが実質的に困難、等)があれば実証地を複数設置することを可能としています。

公募に向けて、検討を進めていただけますようお願いいたします。

 

 「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に参画希望される皆様へ(お知らせ)(PDF:105KB)

技術提案課題一覧 (エクセル:90KB) 

 

 

日時、会場及び会議資料

【農業分野】 

北陸ブロック(金沢会場) 

平成26年1月21日(火曜日) 13時00分~17時00分

会場名:北陸農政局 1階 共用大会議室

住 所:〒920-8566 金沢市広坂2丁目2番60号

資 料:

  議事次第(PDF:72KB)

  資料1:攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業について(PDF:842KB)

  資料2:革新的技術緊急展開事業への参加にあたっての留意事項(PDF:170KB)

  資料3:「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」Q&A(H26.1.20暫定版)(PDF:113KB)

  資料4:北陸地域の農業をめぐる情勢について(PDF:462KB)

  資料5:技術提案資料(その1)(PDF:6,130KB)

  資料5:技術提案資料(その2)(PDF:6,649KB)

 

中国四国ブロック(岡山会場) 

平成26年1月24日(金曜日) 13時00分~17時00分

会場名:岡山コンベンションセンター「301会議室」(3階)

東北ブロック(仙台会場) 

平成26年1月27日(月曜日) 13時30分~17時00分

会場名:ハーネル仙台「3F・蔵王BC」

北海道ブロック(札幌会場)

平成26年1月28日(火曜日) 13時00分~17時00分

会場名:北農健保会館 大会議室

  

関東ブロック(さいたま会場)

平成26年1月28日(火曜日) 13時00分~17時00分

平成26年1月29日(水曜日) 9時30分~17時00分

会場名:さいたま新都心合同庁舎2号館 5階 共用大研修室5A

東海ブロック(名古屋会場)

平成26年1月29日(水曜日) 13時00分~17時00分

会場名:桜華会館「松の間」

近畿ブロック(京都会場)

平成26年1月31日(金曜日) 13時00分~17時00分

会場名:ホテルルビノ京都堀川 ひえいの間 (2階)

九州ブロック(熊本会場)

平成26年1月31日(金曜日) 13 時00分~17時00分

会場名:九州農政局(熊本地方合同庁舎) 1階 共用会議室(講堂)


【林野分野、水産分野】

 林業分野

 

提案要領、提案申込書  

以下の「提案申込要領」を御覧の上、各会場担当者宛にお申込みください。

【提案申込要領】

提案申込要領 別紙2「目指す技術体系」PDF(PDF:327KB)

※注:別紙2の「目指す技術体系」に記載のないものであっても、本事業の趣旨に合致する技術体系であれば、御提案いただくことが可能です。

【様式1 提案申込書】

様式1_word  (ワード:59KB)

様式1_PDF (PDF:95KB)

※注:様式1について、修正しました(畜産の対象(酪農、養豚等)を削除)。   

 【様式2 提案様式】 

 

(プレスリリース)「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る技術提案会の開催及び一般傍聴について

  

農林水産分野における先端技術を活用した実証研究に関する民間企業との意見交換会

 平成25年12月20日(金曜日)に農林水産省講堂(本館7階)において、農林水産分野における先端技術を活用した実証研究に関する民間企業との意見交換会を開催しました。

 日時:平成25年12月20日(金曜日)13時30分~16時00分

 会場:農林水産省 講堂(本館 7階)

(プレスリリース)「農林水産分野における先端技術を活用した実証研究に関する民間企業との意見交換会」の開催及び一般傍聴について

 

○配布資料:議事次第、出席者名簿(PDF:274KB)

        資料1:農林水産技術の研究開発について(PDF:1,441KB)

        資料2:食料生産地域再生のための先端技術展開事業(PDF:2,850KB)

        資料3:住友化学の取組(PDF:125KB)

        資料4-1:革新的技術緊急展開事業概要PR版(PDF:799KB)

        資料4-2:革新的技術緊急展開事業概要(PDF:474KB)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:先端技術実証班 柚賀(ゆが)
代表:03-3502-8111(内線5897)
ダイヤルイン:03-6744-7043
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図