English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 多収性稲品種の原種種子の譲渡について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年2月1日

農林水産省

多収性稲品種の原種種子の譲渡について

飼料用稲種子については、(社)日本草地畜産種子協会等により一般栽培用の種子が販売されているところですが、この度、農林水産省農林水産技術会議事務局及び独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構では、20年以降の生産調整の推進、飼料増産等に資するため、飼料用、バイオエタノール用の非主食用の種子の確保に関し、下記通知のとおり、その開発した多収品種の種子について、種子生産用の原種として提供することとしましたので、お知らせします。

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発課
担当者:振興班・松本
代表:03-3502-8111(内線5874)
ダイヤルイン:03-6744-2217
FAX:03-3593-7227

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図