English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 多収性稲品種の原種種子の譲渡(第2回)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年3月21日

農林水産省

多収性稲品種の原種種子の譲渡(第2回)について

近年、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構において、多収性稲品種の開発が進められております。これらの多収性稲品種の実用化を加速化する観点から、その原種種子の譲渡を行う方針であり、別紙の要領に基づいて第2回配布を行います。
今回の配布対象品種は、第1回配布(2月1日募集)の余剰分とともに、新たに2008年3月に育成者権の申請を行ったばかりの「関東飼226号」についても原種種子の譲渡を行います。
これらの原種種子は種子生産用又は実証試験用として提供します。
なお、第1回の譲渡状況についてもあわせてお知らせします。 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発課
担当者:振興班  松本、野見山
代表:03-3502-8111(内線5874)
ダイヤルイン:03-6744-2217
FAX:03-3593-7227

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図