English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 家畜クローン研究の現状について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年12月22日

農林水産省

家畜クローン研究の現状について

家畜クローン研究の現状につきましては、「ライフサイエンスに関する研究開発基本計画」(平成9年8月13日内閣総理大臣決定)に従い、各都道府県をはじめ関係機関の御協力をいただきながら情報公開に努めているところであります。このたび、当省において、平成20年9月30日現在の家畜クローンの研究の現状を関係機関の協力を得て取りまとめましたので、お知らせいたします。

 

[概要(累計)]

1.受精卵クローン牛について

受精卵クローン牛が出生等した研究機関数 43機関
受精卵クローン牛出生頭数 718頭
研究機関等で育成・試験中 20頭
死産 74頭
生後直死 35頭
病死等 102頭
事故死 19頭
廃用 28頭
試験と殺 50頭
売却がなされた受精卵クローン牛 390頭
食肉として処理されたことが確認された頭数 319頭
農家等で飼養中 8頭
不明(注) 63頭
受胎中の受精卵クローン牛頭数 4頭

(注)「不明」とは、調査開始当時、試験研究機関等から農家等に譲渡された後、

その個体の確認ができなかったものをいいます。 

 

2.体細胞クローン牛について

体細胞クローン牛が出生等した研究機関数 46機関
体細胞クローン牛出生頭数 557頭
研究機関等で育成・試験中 82頭
死産 78頭
生後直死 91頭
病死等 136頭
事故死 8頭
廃用 11頭
試験と殺 151頭
受胎中の体細胞クローン牛頭数 14頭

 

3.体細胞クローンブタについて

体細胞クローンブタ出生頭数                                   335頭

 

4.体細胞クローンヤギについて

体細胞クローンヤギ出生頭数                                      9頭

 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発官(食の安全、基礎・基盤)室
担当者:川嶌、佐藤
代表:03-3502-8111(内線5875)
ダイヤルイン:03-3502-7430
FAX:03-3593-7227

生産局畜産部  畜産振興課  畜産技術室  技術第2班
担当者:菅谷、千嶋
代表:03-3502-8111(内線4910)
ダイヤルイン:03-3591-3656
FAX:03-3593-0887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図