English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 平成21年における種子生産に向けた多収性稲品種原種種子の譲渡に係る手続について(第3回)


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年3月9日

農林水産省

平成21年における種子生産に向けた多収性稲品種原種種子の譲渡に係る手続について(第3回)

飼料用、米粉用等の非主食用の米生産について、地域での生産技術の早期確立を支援するため、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が育成し、管理している多収性稲品種の種子について、別紙の通知に基づき、譲渡を行います。

今般、西海203号が品種登録出願されたことから、第1回公募(平成20年11月20日募集)及び第2回公募(平成21年2月3日募集)の余剰分の種子とともに第3回の公募を実施するものです。 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:山田・柳田
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図