English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション(新潟)」の開催についてのお知らせ


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年7月17日

農林水産省

「遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション(新潟)」の開催についてのお知らせ

農林水産省では、「遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション」を平成21年9月16日(水曜日)に朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)において開催します。本コミュニケーションは公開です。また、会議中の撮影も可能です。

本コミュニケーションへの参加を希望される方は、開催事務局を担当する社団法人農林水産先端技術産業振興センターまでお申込みください。

1 開催日程等

(1) 開催日時:平成21年9月16日(水曜日) 13時30分から16時30分

(開場:13時)

(2) 開催場所:朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター

マリンホール(国際会議室)
(新潟市中央区万代島6番1号)

(3) 定員:200名(参加費無料、定員になり次第申込み締切)

なお、会場の周辺地図及び交通手段の詳細については、添付資料「別紙1(会場案内) 」をご覧ください。

2 趣旨

農林水産省では、農林水産分野における遺伝子組換え技術を応用した研究開発に関する国民理解の増進を図ることを目的として、遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション活動に取り組んでおり、昨年度も、岩手県盛岡市、福岡県福岡市の2会場において参加者200名規模の「遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション」を開催したところです。(参考URL:http://www.biotech-house.jp/meeting1/)

今回のコミュニケーションでは、農林水産省担当官やマスコミ関係者等から遺伝子組換え農作物等に関する情報提供を行うとともに、北野大(きたのまさる)明治大学理工学部教授をコーディネーターにお迎えして、生産者、消費者、研究者、有識者、マスコミ関係者の皆様で構成されるパネリストとのパネルディスカッションを行うこととしています。

また、パネルディスカッション終了後、参加者からの御意見・御質問を受けての参加者、パネリスト相互の意見交換を実施することとしています。  

3 プログラム

(1) 遺伝子組換え農作物等に関する情報提供

(2) パネルディスカッション

(3) 会場との意見交換

4 参加申込み方法等

参加を希望する方は、平成21年9月11日(金曜日) 17時までに、社団法人農林水産先端技術産業振興センター調査広報部(以下「STAFF」という。)までインターネット、ファクシミリ又は電子メール(E-mail) にてお申し込み願います。

参加申込み方法の詳細については、「別紙2(参加申込み方法の詳細) 」をご覧ください。

はがき(封書) 、電話によるお申込みは受け付けておりません。また、定員になり次第、申込み受付を締切らせて頂きますので、ご注意願います。

参加申込みをされた方には、開催日3日前までに「STAFF」から参加証と併せてアンケート調査用紙を送付させて頂きますので、コミュニケーション当日は、参加証とご記入頂いたアンケート調査用紙を持参のうえ、会場受付に御提出願います。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課技術安全室
担当者:技術安全推進班 小松、飛鳥
代表:03-3502-8111(内線5860)
ダイヤルイン:03-3502-7408
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図