English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 研究開発の評価結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年8月31日

農林水産省

研究開発の評価結果について

 

農林水産省では、行政機関が行う政策評価に関する法律や農林水産省政策評価基本計画に基づき、研究開発の効率的・効果的推進を図るため、研究開発の評価を実施しています。

このたび、研究開発の事業評価(プロジェクト研究課題及び研究制度)及び総合評価(農林水産分野の研究開発)を実施しましたので、その評価結果の概要をお知らせします。

 

研究開発の事業評価

プロジェクト研究課題及び研究制度について、決定の適正な実施に資する観点から、その決定の前の段階で事前評価を行いました。

プロジェクト研究課題

平成22年度に新規予算要求を予定しているプロジェクト研究の3課題を対象に、学識経験者等の意見を踏まえた評価の結果、いずれの課題も、プロジェクト研究は重要であり、内容は適切と判断され、平成22年度から事業を実施すべく予算要求することは妥当との結論に至りました。

研究制度

平成22年度に新規予算要求を予定している研究制度の2課題を対象に、学識経験者等の意見を踏まえた評価の結果、いずれの制度も、研究制度は重要であり、内容は適切と判断され、平成22年度から事業を実施すべく予算要求することは妥当との結論に至りました。

研究開発の総合評価

1.評価内容

新たに策定する農林水産研究基本計画の見直しの検討に活用するため、現行の農林水産研究基本計画策定の基準年である平成17年度から平成19年度までを評価期間として、現時点における「重点目標の進捗状況」の観点から、その研究開発の有効性等について検証しました。

 

2.評価結果及び今後の対応

農林水産研究基本計画にある重点目標の34大事項のうち、1事項については、計画を上回って進捗しているとしてS評価、一方、4事項については、進捗がやや遅れているとしてB評価、残りの29事項については、順調に進捗しているとしてA評価となりました。
本検証結果を踏まえ、新規研究基本計画における目標全体の構成や設定等の見直しに活用するとともに、B評価となった目標については、要因に基づき改善を図ることとしております。

なお、結果の詳細は、ホームページ(http//www.s.affrc.go.jp/docs/hyoka.htm)を参照下さい。


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
担当者:政策評価班・田中啓介、會澤雅夫
代表:03-3502-8111(内線5845)
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図