English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2009~地域活性化に貢献する知的財産~の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年10月26日

農林水産省

農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2009~地域活性化に貢献する知的財産~の開催について

農林水産省では知的財産戦略に基づき、知的財産の創造・活用を担う研究者や知財実務者の連携を深める「農林水産知的財産ネットワーク」の構築を進めています。その取組みの一環として、農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2009を11月26日(木曜日)13時から幕張メッセで開催いたします。多数のご参加をお待ちしています。

なお、シンポジウムは公開です。また、カメラ撮りは可能です。

概要

農林水産知的財産ネットワークシンポジウムでは、知的財産戦略の目的の一つである「地域活性化に貢献する知的財産」に焦点を当て、各地で活発に取組みを進めている事例について話題提供をいただき、今後の方向性について検討を行います。

なお、本シンポジウムは「アグリビジネス創出フェア2009」(http://agribiz-fair.jp/)において開催するものです。

日時

平成21年11月26日(木曜日)13時~15時30分

場所

幕張メッセ6ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1) 

アグリビジネス創出フェア2009会場 メインステージ

内容

1)各地域における活用事例報告

「滋賀県での知財活用による地域農業の活性化 ~研究・普及・JA・専業農家集団連携によるオンリーワンの取り組み~」

寺本 憲之 (滋賀県農業技術振興センター 栽培研究部長)

「特許を活用した商品開発~米で起業する~」

長田 竜太 (有限会社ライスクリエイト 代表取締役)

「大阪府における技術移転事例について~加工大豆の製造方法~」

板倉 正 (大阪府立特許情報センター 特許流通アドバイザー)

「産学官連携による商品開発~熊本における紫イモから醸造酒~」

大庭 理一郎 (崇城大学 特任教授)

2)総合討論

コメンテーター

荒磯 恒久 (北海道大学 産学連携本部 副本部長 教授)

澁澤 栄 (東京農工大学大学院 教授)

長谷川 潤一 (社団法人食品需給研究センター 主任研究員)

申込方法

別紙申込用紙に記入の上、メール又はFAXでお申込下さい。

申込先

農林水産知的財産ネットワーク事務局((社)農林水産技術情報協会内)

FAX:03-3667-8933

E-mail:ip-simp@aff-chizai.net

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:知的財産班 尾室、中田
代表:03-3502-8111(内線5890)
ダイヤルイン:03-3502-7436
FAX:03-3593-2209

農林水産知的財産ネットワーク事務局((社)農林水産技術情報協会内)
担当:小川、小倉
電話:03-3667-8931
http://www.aff-chizai.net/

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図