English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「ここまで低コスト化・省力化が進んだ東北の水稲直播栽培技術(地域マッチングフォーラム)」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年7月20日

農林水産省
(独)農研機構 東北農業研究センター

「ここまで低コスト化・省力化が進んだ東北の水稲直播栽培技術(地域マッチングフォーラム)」の開催について

  農林水産省は、関係機関と共同で、最新の水稲直播栽培技術を生産者等に紹介するため、平成22年8月10日に青森県 青森市において、 「ここまで低コスト化・省力化が進んだ東北の水稲直播栽培技術(地域マッチングフォーラム)」を開催いたします。生産者の皆様をはじめとして、多数の参加をお待ちしております。
  なお、本フォーラムは公開です。また、カメラ撮影も可能です。

概要

   農林水産省は、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター(以下、「東北農業研究センター」という)、青森県、地方独立行政法人 青森県産業技術センター(以下、「青森県産業技術センター」という)や関係機関と共同で、研究成果の普及・実用化を進めるとともに、生産現場での問題点等を解決するため、地域マッチングフォーラムを開催します。
   本フォーラムでは、「ここまで低コスト化・省力化が進んだ東北の水稲直播栽培技術」をテーマとし、東北農業の基幹である稲作の生産コストを5割まで削減することができる、最新の水稲直播栽培技術とその実践事例を紹介します。また、技術の普及に役立てるための参加者相互の意見交換や技術相談を行います。 

 

日時・場所

平成22年8月10日(火曜日)13時から17時まで
県民福祉プラザ (青森県 青森市 中央三丁目 20-30)
http://www.actv.ne.jp/~aofuku00/plazatop.htm 

 

主催・協賛等

主催:農林水産省 農林水産技術会議事務局、東北農業研究センター、青森県、青森県産業技術センター
協賛:農林水産省 東北農政局、JA全農あおもり、NOSAI青森、東北地域農林水産・食品ハイテク研究会
後援:東奥日報社、デーリー東北新聞社、陸奥新報社、日本農業新聞、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、NHK青森放送局

 

内容

情報提供:ここまで進んだ最新の水稲直播栽培技術と実践事例の紹介

1.東北地域における水稲直播栽培の現状と今後の展開

東北農業研究センター 持田秀之

2.小規模でも大規模でもこなせる鉄コーティング湛水直播技術と実践事例

東北農業研究センター 白土宏之

農事組合法人 スカイマックス千畑 熊谷弘幸

3.作溝して安定した出芽・苗立ちを確保する湛水直播技術と実践事例

岩手県農業研究センター 伊藤勝浩

4.大規模畑作並みの米作りを目指す乾田直播技術と実践事例

東北農業研究センター 大谷隆二

5.輪作体系に組み込める汎用作業機械を活用した乾田直播技術と実践事例

宮城県古川農業試験場 浅野真澄

6.寒冷地の気候・風土にあわせて春作業の省力化を目指す水稲不耕起直播栽培

青森県産業技術センター 農林総合研究所 野沢智裕

7.青森県における水稲直播栽培を取り入れた営農事例

青森県 農林水産部 農林水産政策課 八島敏行

生産者 外崎昭三

意見交換:技術開発から普及、営農革新に向けたパネルディスカッション

展示・相談

水稲の低コスト・省力化栽培に関する近年の開発技術と体系化事例をポスター等により展示・紹介するとともに、技術相談を行います。

 

本フォーラムの詳細な内容については次の東北農業研究センターのホームページをご覧ください。

http://tohoku.naro.affrc.go.jp/event/2010/0810.html 

 

参加申込み

参加を希望される方は、次のとおりお申し込みください。なお、参加費は無料です。

<申込み方法>
添付の参加申込書、もしくは、東北農業研究センターのホームページ(http://tohoku.naro.affrc.go.jp/event/2010/0810.html)からダウンロードし、必要事項を記入の上、次の申込み先まで、電子メールまたはFAXでお申し込みください。

<申込み先>
東北農業研究センター 企画管理部 情報広報課
電子メール:  www-tohoku@naro.affrc.go.jp
FAX: 019-643-3588

<締切り>
平成22年8月3日(火曜日)17時まで


注意1:参加希望者が定員の350名を上回った場合には、募集を締め切ることがありますので、あらかじめご了承ください。
注意2:個人情報については、個人情報保護法に関する法律及び関連する規範を遵守し、当フォーラムに係る連絡のみに利用し、本人の同意を得ずに第三者に提供いたしません。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:推進班 平江、山田 (フォーラムの概要について)
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター企画管理部情報広報課
担当者:荒澤、井上 (フォーラムの詳細な内容や参加申込みについて)
電話:019-643-3414(直通)
FAX:019-643-3588

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図