English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「農業新技術200X」現地検討会inさいたま ~ナシの樹体ジョイント技術~ の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年9月6日

農林水産省

「農業新技術200X」現地検討会inさいたま ~ナシの樹体ジョイント技術~ の開催について

 農林水産省は、「農業新技術2010(平成22年2月18日公表)」として決定した「ナシの樹体ジョイント技術」について、平成22年9月30日に埼玉県において現地検討会を開催いたします。生産者の皆様をはじめとして、多数のご参加をお待ちしております。

概要

    農林水産省は、農業関係の試験研究機関による近年の研究成果のうち、早急に生産現場への普及を推進すべき重要なものを「農業新技術200X」として毎年選定・公表しその普及推進を図っています。


    この度、「農業新技術2010」として決定した「ナシの樹体ジョイント技術」について、埼玉県と共同で現地検討会を開催します。


    「ナシの樹体ジョイント技術」は、複数のナシの樹を接ぎ木で連結し、直線状に仕立てる技術で、ナシ栽培における早期成園や省力化が期待されています。  

 

 

参考:「農業新技術200X」

URL:http://www.s.affrc.go.jp/docs/new_technology.htm

日時・場所

平成22年9月30日(木曜日)13時30分から16時00分まで

埼玉県農林総合研究センター園芸研究所(埼玉県 久喜市 六万部 91)

URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/k22/

 

※当日はJR久喜駅西口から会場までの送迎バスを準備いたしますので、ご利用ください。JR久喜駅西口を12時50分発の予定です。

内容

1.講演:ナシの樹体ジョイント技術の概要について

神奈川県農業技術センター果樹花き研究部 主任研究員 柴田健一郎 氏

2.講演:埼玉県におけるナシの樹体ジョイント技術の取り組み状況について

埼玉県農林総合研究センター園芸研究所 専門研究員 島田智人 氏

3.事前説明:視察先果樹農家「矢野学 氏」経営概況について

埼玉県春日部農林振興センター

4.現地視察(2班に分けて下記(ア)と(イ)を入れ替えで視察、借り上げバスで移動)
    視察先(ア):埼玉県農林総合研究センター園芸研究所内 ほ場
    視察先(イ):果樹農家「矢野学 氏」(久喜市中妻259)ジョイント導入ほ場

参加申込み

参加を希望される方は、インターネットもしくはFAXで、平成22年9月17日(金曜日)13時までにお申し込みください。

参加費は無料です。

 

<インターネットによる申込み方法>

次の関東農政局ホームページからお申し込みください。

<FAXによる申込み方法>

添付の参加申込書に必要事項を記入の上、次の宛先にFAXでお申し込みください。

関東農政局生産経営流通部農産課 前原 宛

FAX:048-601-0533

 

注意1:参加希望者が定員の120名を上回った場合には、募集を締め切ることがありますので、あらかじめご了承ください。
注意2:個人情報については、個人情報保護法に関する法律及び関連する規範を遵守し、当現地検討会に係る連絡のみに利用し、本人の同意を得ずに第三者に提供いたしません。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:推進班 平江、村上、山田(農業新技術200Xの概要)
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462
FAX:03-3593-2209

関東農政局 生産経営流通部 農産課
担当者:前原(現地検討会の詳細、参加申込み)
ダイヤルイン:048-740-1012
FAX:048-601-0533

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図