English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「平成22年度 第3回 生物多様性影響評価検討会 総合検討会」の開催及び傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年11月1日

農林水産省
環境省

「平成22年度 第3回 生物多様性影響評価検討会 総合検討会」の開催及び傍聴について

 農林水産省及び環境省は、遺伝子組換え農作物の第一種使用規程の承認申請があった5 件について学識経験者から意見を聴取するため、「平成22年度 第3回生物多様性影響評価検討会 総合検討会」を11月11日に農林水産省農林水産技術会議委員室において開催します。

本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

本会議資料は、会議終了後当省ホームページで公開することとしています。 

1 概要

我が国での遺伝子組換え農作物の栽培等に当たっては、我が国の野生動植物へ影響を与えないよう、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号。通称「カルタヘナ法」という。)」に基づき評価を行っています。

遺伝子組換え農作物の栽培等を行う者が、例えば、一般ほ場での栽培など環境中への拡散を防止せずに栽培等を行う場合(第一種使用等)には、その栽培等に関する規程(第一種使用規程)を定め、これを農林水産省及び環境省に申請し、承認を受ける必要があります。第一種使用規程の承認申請があった場合には、農林水産省及び環境省は、それらの遺伝子組換え作物を第一種使用規程に従って使用した場合の生物多様性影響に関し、専門の学識経験者から意見を聴く必要があります。

今回、農林水産省及び環境省に対し申請された5件の第一種使用規程について、本検討会を開催し、学識経験者から意見を聴くこととします。

これまでの当検討会の議事概要については、次のURLでご覧になれます。

また、今回の会議資料は会議終了後に同URLで公開いたします。

URL:http://www.s.affrc.go.jp/docs/commitee/diversity/top.htm

2 日時・場所

平成22年11月11日(木曜日)13時30分~

農林水産省 農林水産技術会議委員室(本館南側6階、ドア番号本678)

所在地:東京都 千代田区 霞が関 1丁目2番1号  

3 議題

(1)第一種使用規程の承認に係る申請書等の検討について

  (検討予定案件)

 [1]隔離ほ場での栽培についての検討

  • 青紫色及び除草剤クロロスルフロン耐性カーネーション(25958)
  • 青紫色及び除草剤クロロスルフロン耐性カーネーション(26407)

[2]食用又は飼料用のための使用等についての検討

  • 高オレイン酸含有並びに除草剤アセト乳酸合成酵素阻害剤耐性ダイズ(305423×40-3-2)
  • チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ(Bt11×MIR162×B.t. Cry1F maize line 1507×GA21)
  • アリルオキシアルカノエート系除草剤耐性トウモロコシ(DAS40278)

(2)その他

4 公開(傍聴)について

(1)傍聴可能人数:10名程度(希望者多数の場合、抽選を実施)

(2)申込要領

  FAX送付先:03-3507-8794

農林水産技術会議事務局 技術政策課技術安全室 技術安全企画評価班 宛

インターネット:URL:https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/6efa.htm

(はがき、封書でのお申し込みは添付資料をご参照下さい。また、電話でのお申し込みはご遠慮下さい。)

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課技術安全室
担当者:技術安全企画評価班 浦野、塩田、白神
代表:03-3502-8111(内線5860)
ダイヤルイン:03-3502-7408
FAX:03-3507-8794

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
直通:03-5521-8344
室長:牛場(6980)
室長補佐:宇賀神(6983)
担当:平野(6982)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図