English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 産学官連携支援シンポジウム~農林水産・食品研究における新しい連携の形~の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年11月1日

農林水産省

産学官連携支援シンポジウム~農林水産・食品研究における新しい連携の形~の開催について

農林水産省は、11月25日(木曜日)、「アグリビジネス創出フェア2010」(開催場所:幕張メッセ)の中で、「産学官連携支援シンポジウム~農林水産・食品研究における新しい連携の形」を開催します。

なお、本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。

概要

     農林水産省は、平成22年度から、全国に農林水産・食品産業分野の高度な専門知識を有する「コーディネーター」を配置し、農林水産・食品産業分野のみならず、他産業分野との連携を強化するため、産学連携活動を一体的に支援する「地域における産学連携支援事業」を実施しています。

    本シンポジウムでは、農林水産・食品産業分野において、産学官が連携し、研究開発から、その成果の普及・実用化、地域振興等までの取組を進めた先行事例を報告したうえで、生産者、試験研究機関、産業界、産学連携支援機関等の立場から、同分野における産学連携への期待や、産学官の連携を支援する際に求められる視点等について議論を深め、『新しい連携の形』を探ります。

日時

平成22年11月25日(木曜日)10時00分~12時00分

場所

幕張メッセ6ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

「アグリビジネス創出フェア2010」会場内 メインステージ

内容

基調報告

以下2名より、産学官が連携し、研究開発から、その成果の普及・実用化、地域振興等までの取組を進めた先行事例を報告します。

(1) 『水産研究を核とした地域の産業革命 -函館エリアと愛媛県南予エリア-』

愛媛大学 南予水産研究センター長       山内 晧平 氏

(2) 『食品機能性の基礎研究から地域振興まで ~産学連携の醍醐味~ 』

東北大学大学院農学研究科 教授        宮澤 陽夫 氏

パネル討論

生産者、試験研究機関、産業界、産学連携支援機関から参加の4名のパネリストと、基調報告を行った2名との間で、農林水産・食品産業分野における産学連携への期待や、産学官の連携を支援する際に求められる視点等について議論を深め、『新しい連携の形』を探ります。

(パネリスト)

<生産者>

農業生産法人 株式会社さかうえ 代表取締役社長

坂上 隆 氏

<産業界>

株式会社 日本総合研究所 主任研究員

大澤 信一 氏

<研究者>

京都府 農林水産技術センター 生物資源研究センター 所長

小坂 能尚 氏

<産学連携支援者>

和歌山大学 産学連携・研究支援センター 特任教授

湯崎 真梨子 氏 

参加方法

本シンポジウムには、「アグリビジネス創出フェア2010」(入場料無料)に御来場いただきました方は、特段の手続きなしで御参加いただけます。

なお、アグリビジネス創出フェアは、開催前日(11月23日(水曜日))まで、同フェアホームページ(http://agribiz-fair.jp/)において来場者の事前登録を受け付けております。

(なお、事前登録なしでも、当日会場にて受付を行うことで、無料で入場可能です。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:産学連携調整班・嶋田、三島
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図