English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > クローン家畜の異動報告のとりまとめについて(平成22年11月1日~平成22年11月30日異動情報提供分)


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年12月24日

農林水産省

クローン家畜の異動報告のとりまとめについて(平成22年11月1日~平成22年11月30日異動情報提供分)

農林水産省は、クローン家畜の異動について、原則として1か月に1度公表しています。

今般、関係機関の協力を得て11月分の異動報告をとりまとめました。

 

【受精卵クローン牛の異動】

実施機関等

出生日

異動日

異動内容

異動内容の詳細(注1)

個体識別番号(注2)

家畜改良センター(本所)

平成 5年11月23日

平成22年11月 8日 処分 肉専用種、雌、試験供用

1000009239

家畜改良センター(本所)  平成 5年11月22日  平成22年11月11日  処分 肉専用種、雌、試験供用  1000009222 
家畜改良センター(本所)  平成 5年12月18日 平成22年11月15日 処分  交雑種、雌、試験供用  1000009246 
家畜改良センター(本所)  平成 7年 7月16日  平成22年11月18日  処分 交雑種、雌、試験供用 1000009468 
家畜改良センター(本所) 平成 9年 9月11日 平成22年11月25日  処分  肉専用種、雌、試験供用  1000007464 
家畜改良センター(本所) 平成 9年 9月11日  平成22年11月29日 処分  肉専用種、雌、試験供用  1000007471 
広島県立総合技術研究所畜産技術センター  平成22年11月17日 平成22年11月17日 死産 黒毛和種、雄、53.8kg

- 

 

(注1) 「異動内容の詳細」欄の品種はドナー細胞又はドナー受精卵の品種を表す

(注2) 「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」(平成15年法律第72号)(牛トレサ法)第2条に規定される牛の個体を識別するために牛ごとに定める番号

 

【体細胞クローン豚の異動】

実施機関等

出生日

異動日

異動内容

異動内容の詳細(注3)

静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター 平成17年 1月21日 平成22年11月 2日 死亡 デュロック種、雌、病死

 

(注3) 「異動内容の詳細」欄の品種はドナー細胞又はドナー受精卵の品種を表す

 

(参考)

「クローン牛の取り扱いについて」(平成11年11月11日付け11畜A第2590号畜産局長、農林水産技術会議事務局長通知)抜粋

(前略)

1 クローン研究の情報公開について

(1) クローン技術を用いた牛等の研究情報の公開については、「ライフサイエンスに関する研究開発基本計画」(平成9年8月13日付け内閣総理大臣決定)に基づき、家畜のクローン技術を研究している機関(以下「クローン研究実施機関」という。)の研究情報をとりまとめ、公開してきたところであり、農林水産省は、今後もこれらの研究情報の公開(プレスリリース及び農林水産省のホームページへの掲載等)に努めるものとする。

(2) さらに、今後、クローン研究実施機関は、クローン牛の生産、死亡、出荷等によりクローン牛のけい養頭数に変更があった場合には、速やかに農林水産省に報告するものとする。農林水産省は、これらの報告をとりまとめた上、原則として1ヶ月に1度公表することとし、公表の方法は、(1)に準ずるものとする。

(後略) 

「体細胞クローン家畜等の取扱いについて」(平成21年8月26日付け21農会第652号・21生畜第1006号農林水産省農林水産技術会議事務局長、生産局長通知)抜粋

(前略)

3 クローン研究機関は、体細胞クローン家畜及び後代家畜の生産、死亡等により、体細胞クローン家畜及び後代家畜の飼養頭数に変更があった場合には、速やかに農林水産省に報告することとする。なお、農林水産省はこれらの報告を取りまとめた上、原則として1か月に1度公表することとする。

 (後略)

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発官(食の安全、基礎・基盤)室
担当者:鈴木、加納
代表:03-3502-8111(内線5875)
ダイヤルイン:03-3502-7430
FAX:03-3593-7227

生産局畜産部 畜産振興課 畜産技術室 個体識別システム活用班
担当者:菅谷
代表:03-3502-8111(内線4924)
ダイヤルイン:03-6744-2276
FAX:03-3502-0887

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図