English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 平成23年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」新規研究課題の公募及び事業説明会の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年1月6日

農林水産省

平成23年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」新規研究課題の公募及び事業説明会の実施について

農林水産省は、農林水産業・食品産業の現場の技術的課題の解決に向けた実用技術の早急な開発を推進するため、提案公募型の「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」を実施しています。

本事業において平成23年度から新規に実施する研究課題の公募を平成23年1月6日(木曜日)より開始します。

研究課題の応募を希望される共同研究グループは、公募要領等をご確認の上、平成23年2月18日(金曜日)正午までに応募願います。

また、本事業の説明会を平成23年1月13日より全国で順次開催します。

事業の概要

本事業は、「食料・農業・農村基本計画」等に位置づけられている、「自給率の向上」、「農業・農村の6次産業化の推進」、「地球温暖化対策の強化」等の達成のため、産学官が研究能力を結集し、幅広い分野の基礎・基盤技術を活用することにより、農林水産・食品産業における生産及びこれに関連する流通・加工等の現場の技術的課題の早急な解決を図ることを目的としています。

本事業は提案公募による競争的研究資金であり、平成23年度新規に実施する研究課題については、以下の研究区分ごとに募集を行います。 

なお、公募要領等については、ホームぺージ(http://www.s.affrc.go.jp/docs/research_fund/2011/sinki_koubo_2011.htm)に掲載しております。 

 研究成果実用型研究

本研究区分においては、以下を対象としております。

  1. 農林水産省が推進する技術(農業新技術200X(※)に掲載されている技術)を生産現場へ定着させるための追加的な研究やこれらの技術を組み込んだ生産体系を構築するための研究課題
  2. 農林水産省等が実施した基礎・応用分野研究(イノベーション創出基礎的研究推進事業及び農林水産省委託プロジェクト研究)の成果を基に、実用化に結びつける研究課題

 

 (※)農業新技術200Xの詳細についてはこちらをご覧下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/new_technology.htm

 

現場ニーズ対応型研究

本研究区分においては、農林水産・食品産業の現場がもつ多用なニーズに対応した実用技術の開発を推進するために、現場の課題解決を早急に図る必要性が高い研究課題が対象となります。

なお、本研究区分においては、「研究連携協定」を締結する取組を推進する観点から、「研究連携協定」に基づく研究課題については、研究費等で配慮することとします。

募集期間等

平成23年1月6日(木曜日)10時~2月18日(金曜日)正午(厳守)

研究課題の応募

研究課題の応募はすべて「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)」でのオンライン申請となります。

(郵送や直接の持ち込み、E-mail等では一切受け付けません。)

申請については、次のURLからお申し込み下さい。

http://www.e-rad.go.jp/index.html

事業説明会

平成23年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」を含む農林水産省が所管する競争的研究資金制度等について、平成23年1月13日から全国で説明会を実施します。

説明会開催地、日程及び参加方法等については、別添「平成23年度競争的研究資金制度等の説明会日程」をご覧ください。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:産学連携振興班 上崎、林田、佐藤、北谷
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図