English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2011」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月5日

農林水産省

「農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2011」の開催について

農林水産省は、知的財産戦略に基づき、知的財産の創造・活用を担う研究者や知的財産実務者の連携を深める「農林水産知的財産ネットワーク」の構築を推進しております。その取組の一環として、「アグリビジネス創出フェア2011(開催場所:幕張メッセ)において、「農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2011」を12月1日(木曜日)12時から開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

なお、シンポジウムは公開です。カメラ撮影も可能です。

概要

農林水産省では、これまで農林水産・食品分野の知的財産の活用に向けて、知的財産に係る人材や情報のネットワーク化について活動を進めて参りました。
今年度のシンポジウムでは、「アグリビジネス創出フェア2011」(http://agribiz-fair.jp/)のメインステージにて、技術開発段階から知財マネジメントを有効に活用した、ブランド化や事業化に向けた取組等について話題提供をしていただき、農林水産・食品分野の知的財産の今後の推進方策について検討を行います。

日時

平成23年12月1日(木曜日)12時~15時

場所

幕張メッセ 6ホール(千葉県 千葉市 美浜区 中瀬2-1)

アグリビジネス創出フェア2011会場メインステージ

内容

1.基調講演

講演者:生越 由美(東京理科大学 専門職大学院 教授)

演題:農林水産・食品分野の知的財産を活用したブランド化・事業化のポイントは何か

 

2.事例紹介

 1) 日影 孝志(八幡平市花き研究開発センター 所長)

 安代りんどうの海外展開と知財マネジメント

 2) 吉井 洋一(新潟県農業総合研究所 食品研究センター 穀類食品科長)

 新潟県における微細米粉の製造・利用技術の開発と実用化の取り組み

 3) 大川 浩史(広島県立総合技術研究所 企画部 主幹)

 農業系公設試験研究機関の研究成果の権利化と活用

4) 西尾 好司(株式会社 富士通総研 経済研究所 主任研究員)

 試験研究独立行政法人における研究開発と知財マネジメント

3.総合討論

モデレーター:石丸 康平 (NBSI 代表取締役石丸特許事務所 所長)

コメンテーター:生越 由美

申込方法

平成23年11月28日(月曜日)17時までに、事前登録フォーム(http://www.aff-chizai.net/ip-simp/simp.html)にてお申込ください。

 

申込先

農林水産知的財産ネットワーク事務局(社団法人 農林水産技術情報協会内)

FAX:03-3667-8933

E-mail:ip-simp@aff-chizai.net

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:知的財産班 田中、土岐
代表:03-3502-8111(内線5890)
ダイヤルイン:03-3502-7436
FAX:03-3593-2209

農林水産知的財産ネットワーク事務局(社団法人 農林水産技術情報協会内)
担当者:和田、小倉
電話:03-3667-8931
http://www.aff-chizai.net/

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図