English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「農業新技術2011解説編」の作成について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月26日

農林水産省

「農業新技術2011解説編」の作成について

農林水産省は、今年4月に公表した「農業新技術2011」の掲載技術を分かりやすく解説した「農業新技術2011解説編」を取りまとめました。

「農業新技術2011解説編」とは

農林水産省は、今年4月に近年の研究成果で早急に生産現場に普及すべきものを「農業新技術2011」として選定し公表しました。

このたび、選定した技術について理解を深め、技術の周知や普及を図るため、選定技術を分かりやすく解説した「農業新技術2011解説編」を取りまとめました。

「農業新技術2011」選定技術の導入を検討している方、または技術の普及指導に取り組む方の技術資料としてご活用ください。  

掲載内容について

「農業新技術2011解説編」は、以下の技術について取り上げております。

1.新たな米粉需要の拡大を促進する水稲品種

2.国産小麦の用途拡大と安定供給を支える品種

3.ばれいしょ・かんしょでん粉の加工食品原料への用途変換を促進する品種

4.低コスト生産を実現する加工用ほうれんそうの機械化栽培体系

5.貯蔵用・樹上完熟用ウンシュウミカンの浮皮軽減技術

6.草地・飼料畑の生産性向上に資する飼料作物品種

 

「農業新技術2011解説編」はこちらでご覧になれます。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/pdf/2011kaisetuhen.pdf

 (参考)「農業新技術200X」とは

農林水産省は、農業の競争力強化、農産物の安定供給・自給率向上等の農政課題の解決のため、農業関係の試験研究機関による農業技術に関する近年の研究成果のうち、早急に生産現場への普及を推進すべき重要なものを毎年選定し、その普及推進を図っています。

これまでに公表した選定技術は、「農業新技術200X」のホームページでご覧になれます。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:平江、村上
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図