English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「イノベーション創出基礎的研究推進事業・新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業成果発表会2011」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年11月24日

農林水産省

「イノベーション創出基礎的研究推進事業・新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業成果発表会2011」の開催について

産学連携による農林水産業・食品産業分野でのイノベーションの推進に向けて、農林水産省は、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターと共催で、12月2日(金曜日)「アグリビジネス創出フェア2011」会場において、「イノベーション創出基礎的研究推進事業・新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 成果発表会2011」を開催します。

なお、本発表会は公開です。カメラ撮影も可能です。

概要

農林水産省は、基礎・応用段階の研究開発を推進する「イノベーション創出基礎的研究推進事業」及び実用化・技術実証段階の研究開発を推進する「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の2つの競争的資金により、産学官連携の促進や技術開発から実証試験まで切れ目ない支援を実施しています。

今般、「イノベーション創出基礎的研究推進事業」の平成22年度終了課題(33課題)のうち、特に農林水産業・食品産業におけるイノベーションの創出が期待できる課題、及び「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の平成22年度終了課題(53課題)のうち特に生産現場等への普及や民間企業等において実用化が期待される課題の成果について、担当した研究者が紹介します。

また、農林水産省所管の競争的資金制度について事業担当者が紹介します。

 日時・場所

日時:平成23年12月2日(金曜日)12時40分~16時00分

会場:幕張メッセ第6ホール「アグリビジネス創出フェア2011」会場内メインステージ

所在地:千葉県 千葉市 美浜区 中瀬 2-1   

プログラム

イノベーション創出基礎的研究推進事業 成果発表

1.オオムギの重要形質に関与する遺伝子の同定と育種への応用

国立大学法人 岡山大学資源植物科学研究所 佐藤 和広 氏

2.CRES-T法を基盤とした花きの高度形質制御技術の実用化

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所 大坪 憲弘 氏

*CRES-T法:目的遺伝子に特定の配列を付加し、その遺伝子の働きを抑制する技法

3.最先端クルマエビ養殖技術の構築-安全・安心・健康なエビを作る

国立大学法人 宮崎大学農学部 酒井 正博 氏

4.ブタ大腸菌性下痢症予防食べるワクチンの開発研究

国立大学法人 東京大学医科学研究所 幸 義和 氏

イノベーション創出基礎的研究推進事業 事業紹介

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター

新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 成果発表

1.魚介類の出荷前畜養と環境馴致による高品質化システム技術開発

ニチモウ(株) 熊沢 泰生 氏

*馴致(じゅんち):徐々に慣れさせること。

2.多種多様な栽培形態で有効な飛ばないナミテントウ利用技術の開発

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター

世古 智一 氏

3.農作業を快適にする省力軽労化生産技術の開発

宮城県農産園芸環境課 相澤 正樹 氏

4.国産材の新需要創造のための耐火性木質構造材料の開発

独立行政法人 森林総合研究所 原田 寿郎 氏

新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 事業紹介

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課

参加方法

当成果発表会には、アグリビジネス創出フェア2011(入場料無料)にご来場いただきました方は、特段の手続きなしでご参加頂けます。一般の方の入場も可能です。

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:末口、吉田(イノベーション事業)、山崎、林田(実用技術開発事業)
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図