English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「食料生産地域再生のための先端技術展開事業技術展開方針検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年1月24日

農林水産省

「食料生産地域再生のための先端技術展開事業技術展開方針検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について

農林水産省は、平成24年1月30日(月曜日)に東北農政局 盛岡地域センター 会議室において、平成24年2月9日(木曜日)にエルパーク仙台 スタジオホールにおいて、「食料生産地域再生のための先端技術展開事業技術展開方針検討会(第2回)」を開催いたします。 
検討会は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1  概要

  当検討会は、食料生産地域再生のための先端技術展開事業(農業・農村実証研究及び漁業・漁村実証研究)における研究課題及び目標の設定について検討を行います。 

2  日時及び場所

A  農業・農村実証研究

  日時:平成24年2月9日(木曜日)13時00分から16時00分まで
  場所:エルパーク仙台 スタジオホール
  所在地:宮城県 仙台市 青葉区 一番町4-11-1 141ビル

B  漁業・漁村実証研究

  日時:平成24年1月30日(月曜日)13時00分から16時00分まで
  場所:東北農政局 盛岡地域センター 会議室
  所在地:岩手県 盛岡市 愛宕町13-33

3  議題

  食料生産地域再生のための先端技術展開事業における研究課題及び目標の検討

4  出席者名簿

A  農業・農村実証研究

  伊藤 光寿  生活協同組合連合会 コープ東北サンネット事業連合 店舗商品部 商品開発担当部長

  木附 誠一  株式会社 三菱総合研究所 主席研究員

  佐野 泰三  カゴメ株式会社 常務執行役員

  澁澤 栄  国立大学法人 東京農工大学 大学院農学研究院  教授

  髙瀬 修  宮城県 農林水産部 農業振興課長

  山谷 知行  国立大学法人 東北大学 大学院農学研究科  科長

  吉川 敏一  京都府公立大学法人 京都府立医科大学  学長

 (敬称略、50音順)

  事務局
    農林水産技術会議事務局 研究推進課

B  漁業・漁村実証研究

  大竹 二雄  国立大学法人 東京大学 大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センター センター長
  木附 誠一  株式会社 三菱総合研究所 主席研究員
  關 哲夫  社団法人 農林水産技術情報協会 専門協力員
  戸谷 一英  独立行政法人 国立高等専門学校機構 一関工業高等専門学校 物質化学工学科 教授

  三浦 靖 国立大学法人 岩手大学 農学部教授
  (敬称略、50音順)

  事務局
    農林水産技術会議事務局 研究推進課

5  傍聴可能人数

A  農業・農村実証研究

  80名程度(希望者多数の場合は抽選を実施)

B  漁業・漁村実証研究

  40名程度(希望者多数の場合は抽選を実施)

6  申込要領

(1)申込方法

  傍聴を希望される場合は、「食料生産地域再生のための先端技術展開事業技術展開方針検討会」の傍聴を希望する実証研究名と、ご氏名(ふりがな)、電話番号、FAX番号、(差し支えなければ)勤務先、所属団体及び連絡先住所をご記入の上、FAXまたはインターネットにてお申し込みください。また、電話でのお申し込みはご遠慮ください。

  車椅子の方、盲導犬、聴導犬又は介助犬をお連れの方、手話通訳等を希望される方は、その旨をお書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書き添えください。

 

  FAX送付先
    農林水産技術会議事務局  研究推進課  土屋  宛
    FAX番号:03-3593-2209

  インターネット

    https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/18ab.htm

(2)申込締切

A  農業・農村実証研究

  平成24年2月8日(水曜日)12時(必着)です。 
  傍聴の可否を、2月8日(水曜日)に当方からご連絡いたします。

B  漁業・漁村実証研究

  平成24年1月27日(金曜日)12時(必着)です。 
  傍聴の可否を、1月27日(金曜日)に当方からご連絡いたします。

 

  なお、傍聴に当たっては、以下の留意事項をお守りください。

(3)傍聴についての留意事項

  検討会の傍聴に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、傍聴をお断りすることがあります。
    1.事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
    2.携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。
    3.傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。
      ・委員等の発言に対する賛否の表明又は拍手
      ・傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
      ・写真カメラ、ビデオカメラ等による撮影、テープレコーダー等による録音(ただし、座長が特に認めた場合を除く。)
      ・新聞、雑誌、その他議案に関連のない書類等の読書
      ・飲食及び喫煙
    4.鉄砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
    5.その他、座長及び事務局職員の指示に従うこと。

7  報道関係者の皆様へ

  報道関係者で取材を希望される方は、別に席をご用意しておりますのでお申し込みいただく必要はありません。
  ただし、ご用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになります。その場合はご容赦ください。
  また、当日は受付で記者証をご提示していただきますので予めご承知願います。

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:嶋田、土屋
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図