English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)作業の手引き」について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月2日

農林水産省

「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)作業の手引き」について

農林水産省は、農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)について、実際に除染作業を行う際に参考としていただけるよう、具体的な作業の手順や留意事項等を作業の手引きとしてとりまとめました。

除染技術の作業の手引きのねらい

農林水産省は、農地土壌における除染の技術の概要や、得られた知見に基づき整理した農地土壌除染技術の適用の考え方について、平成23年9月14日に「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)」としてとりまとめ、これまでに「農地の除染の適当な方法の公表について」(原子力災害対策本部)「除染関係ガイドライン」(環境省)において、農地土壌の除染技術の内容にも反映されました。

このたび、これらの除染技術について理解を深めるとともに、実際に現場で除染事業に携わる方にとって、安全で効果的・効率的な作業の参考としていただけるよう、具体的な作業の手順や留意事項等を「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)作業の手引き」としてとりまとめました。

平成23年9月14日付けプレスリリース「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)」については、こちらでご覧になれます。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/110914.htm

「作業の手引き」の内容

この手引きでは以下の技術について、事前の作業、具体的な除染作業の手順、準備する用具や機器、留意事項等を説明しています。

  1. 基本的な表土削り取り
  2. 固化剤を用いた削り取り
  3. 牧草地等での表土剥ぎ取り
  4. 水による土壌攪拌・除去
  5. 反転耕

また巻末では、放射性物質による汚染濃度が低レベルな場合に効果的な反転耕を実施する際の機器の選定や留意事項について詳細な解説を行うとともに、空間線量率から土壌の放射性セシウム濃度を推計する際の参考として、土壌の放射性セシウム濃度と空間線量率の関係について解説しています。

今後の予定

本手引きについては、国の除染実施関係部局、地方自治体等関係機関に周知するとともに、厚生労働省が策定した除染作業の放射線障害防止のためのガイドラインと併せて、福島県内の農地除染に関係する市町村や除染実施事業者等を対象に説明会を開催する予定です。

また、現在行っている実証試験等のデータの蓄積に伴い、手引きの内容を随時改訂していく予定です。

関係する研究機関

本手引きに掲載されている農地土壌の除染技術の開発は、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、独立行政法人 農業環境技術研究所(農環研)、独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)、独立行政法人 日本原子力研究開発機構(原子力機構)、福島県農業総合センターが協力して実施しています。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室
担当者:中谷、安東、田村、土原
代表:03-3502-8111(内線5840)
ダイヤルイン:03-3502-2549

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図