English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 農林水産研究における原発事故への対応方針」の策定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月12日

農林水産省

「農林水産研究における原発事故への対応方針」の策定について

農林水産技術会議は、「農林水産研究における原発事故への対応方針」を新たに策定しましたので、お知らせします。

1 経緯

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生から1年が経過したことから、これまで我が国で行われてきた原発事故に対応する農林水産研究開発の達成状況と残された課題を整理し、今後も引き続き、原発事故に対応した研究を実施するに当たっての基本的方針を策定しました。

2 概要

本方針においては、これまで緊急的に実施してきた除染技術等の開発状況やモニタリングの結果等を踏まえつつ、今後の研究開発の重点目標として、

(1)農地土壌等の除染技術及び農作物等における放射性物質の移行制御技術等の開発

(2)モニタリングによる農地土壌等における放射性物質の動態の解明

に取り組むこととしています。

 

<添付資料>

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
担当者:企画班 本村、竹内(瑞)
代表:03-3502-8111(内線5841)
ダイヤルイン:03-3501-4609
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図