English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「農業に有用な生物多様性の指標生物調査・評価マニュアル」の作成について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年3月27日

農林水産省

「農業に有用な生物多様性の指標生物調査・評価マニュアル」の作成について

農林水産省は、環境保全型農業の生物多様性保全効果を科学的に評価するための手法を開発し、「農業に有用な生物多様性の指標生物調査・評価マニュアル」として作成しました。本年2月に改定された農林水産省生物多様性戦略では、生物多様性をより重視した持続可能な農林水産業のさらなる推進を目指しています。本評価法を活用することで、環境保全型農業など生物多様性保全に効果のある農業が一層推進されることが期待されます。 

概要

農林水産省は、委託プロジェクト研究「農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発」(平成20~23年度)において、環境保全型農業等の効果的な推進に資するため、その取組効果を把握できる指標及び評価手法の開発を行い、評価手法のマニュアルを作成しました。マニュアルは、農業改良普及センター職員や病害虫防除所職員など、節足動物などについて一定の専門知識をお持ちの方の他、環境保全型農業や農地の生物に関心のある方々に活用していただけるようわかりやすく書かれています。

マニュアルの概要は以下のとおりです。

1.本評価法は、指標となる生物(主に害虫の天敵となる昆虫類)の個体数を調査し、それを点数化することで環境保全型農業の取組効果を評価します。

2.指標となる生物や点数化する際の基準となる個体数は、地域(北日本、関東、中部、近畿、中国・四国、九州)、作目(イネ、果樹・野菜)によって異なり、マニュアルには各地域の代表的な作目についての評価方法が示されています。

3.マニュアルは二部構成で、「I 調査法・評価法」には、地域の指標生物の種類、調査法及び点数化の方法、「II 資料」には、指標生物の選抜方法やプロジェクトの概要及び指標生物の生物学的情報が記載されています。

マニュアルに関するご質問のある方やマニュアルをご希望の方は、独立行政法人農業環境技術研究所 生物多様性研究領域までご連絡ください。なお、部数に限りがありますので、ご希望に添えない場合はご了承ください。PDF版は独立行政法人 農業環境技術研究所のウエブサイト(「農業に有用な生物多様性の指標生物調査・評価マニュアル」のページ)から取得できます。

 

「農業に有用な生物多様性の指標生物調査・評価マニュアル」のページURL

http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/shihyo/index.html

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
担当者:西田、齋藤
代表:03-3502-8111(内線5870)
ダイヤルイン:03-6744-2216
FAX:03-3593-7227

独立行政法人農業環境技術研究所 
生物多様性研究領域
担当者:田中、安田
〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
TEL:029-838-8148(代表)
FAX:029-838-8199(代表)
メール:shihyo@niaes.affrc.go.jp
ホームページ:http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/shihyo/index.html

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図