English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 農林水産省委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」成果発表会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年11月12日

農林水産省
国立大学法人 山形大学
国立大学法人 東北大学

農林水産省委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」成果発表会の開催について

農林水産省は、委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」で得られた研究成果を広く発信するため、国立大学法人 山形大学、国立大学法 東北大学と共同で、平成24年12月4日(火曜日)、南青山会館において成果発表会を開催します。

成果発表会は公開です。カメラ撮影も可能です。

開催の目的

農林水産省は、輸入飼料への依存体質から脱却し、自給飼料基盤に立脚した畜産を実現するため、平成22年度から委託プロジェクト研究「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」を5カ年計画で実施し、超多収飼料用米品種の育成と栽培技術の開発、飼料用米の多給による畜産物の高付加価値化を図る飼養技術の開発等を行っております。
今回の成果発表会では、豚・鶏へ飼料用米を給与した場合の発育成績、コスト試算などの成果を公表することにより、輸入トウモロコシ代替としての飼料用米の可能性について、豚・鶏の生産、普及、行政、研究に携わる関係者に幅広く理解していただくことを目的としています。

開催日時及び場所

日時:平成24年12月4日(火曜日) 10時00分~17時00分

会場:農林水産省共済組合 南青山会館 大会議室

所在地:東京都 港区 南青山 5-7-10

成果発表会の内容 

自給飼料多給による高付加価値豚肉生産技術の開発の成果発表 

  1. 国産飼料プロジェクト4系の概要

国立大学法人 山形大学 農学部  吉田 宣夫

  2. 肥育豚への籾米の給与技術

福島県農業総合センター 畜産研究所  京谷 隆侍

  3. 肥育豚への玄米の給与技術

国立大学法人 山形大学 農学部  堀口 健一

  4.  リキッドフィーディングによる飼料用籾米の利用

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所  田島 清

  5. 飼料用米等の自給飼料を活用した豚のストレス低減技術

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター  松本 光史 

  6. 飼料米等の自給飼料を活用して生産された豚肉と慣行品の間に『食べてわかるちがい』はあるか?

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所  佐々木 啓介

  7. 飼料用米給餌豚の可能性-消費者、耕種農家、養豚業の視点から-

国立大学法人 山形大学 農学部  小沢 亙

自給飼料多給による高付加価値鶏肉・鶏卵生産技術の開発の成果発表

  8. 国産飼料プロジェクト5系の概要

国立大学法人 東北大学 大学院農学研究科  豊水 正昭

  9. ブロイラーにおけるトウモロコシの飼料用米による全量代替給与技術の開発 

千葉県畜産総合研究センター 生産技術部  赤木 友香 

10. 飼料用米の地鶏における給与技術/産卵鶏における給与技術

岐阜県畜産研究所 養鶏研究部  石川 寿美代

11. 暑熱ストレス環境下における肉用鶏への飼料用籾米給与の影響

国立大学法人 東北大学 大学院農学研究科  南都 文香

12. 飼料用米の孵化後早期飼料としての給与技術

国立大学法人 東京農工大学 農学部  佐藤 幹

13. 飼料用米による鶏肉の肉質への影響

国立大学法人 新潟大学 農学部  藤村 忍

 参加申込方法

 定員は200名です。参加費は無料ですが、事前に参加申込みが必要です。

参加を希望される場合は、平成24年11月28日(水曜日)までに、添付の出席申込書に必要事項をご記入の上、メールまたはFAXでお申し込みください。

<メールによる申込先>

<FAXによる申込先>

FAX番号:029-838-8606

<参加申込担当>

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
担当:勝俣

報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、別に席をご用意しておりますのでお申し込みいただく必要はありません。 ただし、ご用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その場合はご容赦ください。

また、当日は受付で記者証等の身分証をご提示していただきますのであらかじめご承知願います。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

(成果発表会について)
農林水産技術会議事務局研究統括官(食料戦略、除染)室
担当者:前田、中田
代表:03-3502-8111(内線5844)
ダイヤルイン:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028


(参加申込方法について)
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
畜産草地研究所
担当者:勝俣
ダイヤルイン:029-838-8657
FAX:029-838-8606

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図