English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「2012年農林水産研究成果10大トピックス」の選定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年12月13日

農林水産省

「2012年 農林水産研究成果10大トピックス」の選定について

農林水産技術会議事務局は、農業技術クラブの協力を得て、「2012年 農林水産研究成果10大トピックス」を選定しました。

農林水産研究成果10大トピックス

この1年間に新聞記事となった民間、大学、公立試験研究機関及び独立行政法人研究機関の農林水産研究成果のうち、内容に優れるとともに社会的関心が高いと考えられる成果10課題を農業技術クラブ(農業関係専門紙・誌など29社加盟)の協力を得て選定したものです。

選定結果について

選定した「2012年 農林水産研究成果10大トピックス」は、次のとおりです。
なお、各成果の詳細は「農林水産研究成果10大トピックス」のページ(http://www.s.affrc.go.jp/docs/10topics.htm)で紹介いたします。

 

1.高温で乳白粒が発生する原因を遺伝子レベルで解明

-高温登熟耐性品種の開発に期待-

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター、新潟大学農学部と独立行政法人 理化学研究所は、登熟期の高温で発生するコメの乳白粒は、デンプン分解酵素α-アミラーゼが高温条件下で活性化することが原因であることを解明しました。α-アミラーゼ遺伝子の働きを抑えたイネでは高温での乳白粒の発生が低減されたことから、高温登熟耐性品種の開発につながると期待されます。

 

2.トマトの全ゲノム解読に世界で初めて成功!

-育種の加速に期待-

公益財団法人 かずさDNA研究所と独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所は、国際トマトゲノム解読コンソーシアムに参画し、トマト全ゲノムの解読に大きく貢献しました。トマトゲノム中に約35,000個の遺伝子が見つかり、今後、ゲノム情報と形質の関係を明らかにすることにより、品種改良と新しい栽培技術の開発が期待されます。

 

3.低カドミウムコシヒカリの原因遺伝子を発見!

-カドミウム低減技術のコメ以外の作物への展開に期待-

 独立行政法人 農業環境技術研究所、東京大学などは、カドミウムをほとんど吸収しないコシヒカリを開発し、この原因が、鉄やマンガン・カドミウムを土壌から吸収するタンパク質の遺伝子の変異であることを解明しました。このことにより、イネ以外の作物にも低カドミウムの形質を付与する技術開発につながることが期待されます。

 

4.世界初!免疫不全ブタを開発

-ヒト組織や臓器の再生に向けた研究進展に期待-

 独立行政法人 農業生物資源研究所、株式会社 プライムテック、独立行政法人 理化学研究所は、遺伝子組換えと体細胞クローン技術によって免疫機能を欠失させたブタを世界で初めて開発しました。今回開発した「免疫不全ブタ」を活用して、ヒトの創薬の研究、新薬の前臨床試験、ヒト組織や臓器の再生に向けた研究が進められることが期待されます。

 

5.ブタのゲノム及び遺伝子配列の解読に成功

-ブタの品種改良の加速化に期待-

独立行政法人 農業生物資源研究所、社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会 農林水産先端技術研究所が参加する国際ブタゲノム解読コンソーシアムは、ブタゲノムの塩基配列の90%以上(およそ25億塩基)の解読を行い、25,000個の遺伝子が存在することを解明しました。今回の成果により、ブタの肉質・抗病性・繁殖性の改良の加速化、ブタの臓器移植等の医療用モデル動物としての利用が期待されます。

 

6.汚染された農地土壌からセシウムを99%除去

-汚染土壌等の大幅な減容化に期待-

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター、独立行政法人 国際農林水産業研究センター、太平洋セメント 株式会社、日揮 株式会社、東京電力 株式会社は、反応促進剤を加えた熱処理により、汚染土壌から土工資材等に利用可能なレベルまで放射性セシウムを分離除去する技術を開発しました。本成果を活用した汚染土壌等の大幅な減容化が期待されます。

 

7.牛の分娩後に胎盤を剥離排出するシグナル物質を世界で初めて発見!

-子牛生存率の向上や畜産農家の労働負担軽減に期待-

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 根釧農業試験場・畜産試験場、株式会社 共立製薬は、牛の胎盤を剥離排出するシグナル物質を世界で初めて発見しました。この成果により、胎盤停滞のない、昼間の分娩誘起による畜産農家の負担軽減が期待されます。

  

8.青刈りトウモロコシ用高速不耕起播種機を開発

-飼料用トウモロコシの栽培の省力化に期待-

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターは、アグリテクノ矢崎 株式会社と共同で高速作業が可能な青刈りトウモロコシ用不耕起播種機を開発しました。平成24年度中に市販化予定であり、青刈りトウモロコシの栽培が大幅に省力化されることが期待されます。

 

9.有機質資源を短期間で無機化、エネルギーを必要としない新技術

-CO2排出量の大幅な抑制に期待-

独立行政法人 農業・食品産業技術研究機構 野菜茶業研究所は、食品残渣や畜産廃棄物などの有機質資源から微生物を使って短期間に無機肥料成分を回収する技術を開発しました。化学肥料のように電気などのエネルギーを製造時に必要としないため、本技術の製品化や普及により、CO2排出量の大幅な抑制が期待されます。

 

10.果樹用新型スピードスプレヤーを開発、農薬飛散・騒音を大幅低減

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターは、棚面に近づけて散布できる昇降型のノズル管支持装置により、エンジン・送風機の回転数を下げて薬剤散布が可能となる棚栽培果樹用の新型スピードスプレヤーを開発しました。従来機より農薬飛散・騒音が少なく、園地と住宅地が近い都市近郊型栽培での活用が期待されます。

 

 

 

 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
担当者:広報班 古澤、関
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図