English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 佐々木卓治氏の国際農業研究協議グループ独立科学パートナーシップ理事会理事への就任について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年3月12日

農林水産省

佐々木卓治氏の国際農業研究協議グループ独立科学パートナーシップ理事会理事への就任について

 

世界最大の国際的な農業研究グループである国際農業研究協議グループ(CGIAR)の研究戦略策定に携わる「独立科学パートナーシップ理事会」(ISPC)の理事の一人に、東京農業大学教授の佐々木卓治氏が選任され、3月8日までに公表されました。

日本人が本理事会の理事に選任されるのは初めてであり、世界の農業研究分野における我が国のプレゼンス向上につながるものです。

 

1.国際農業研究協議グループ (Consultative Group on International Agricultural Research : CGIAR)について

CGIARは、農村の貧困削減・食料安全保障等を目的とする農業研究グループで、我が国を含む37の国・団体が資金提供しています。傘下には「緑の革命」に貢献してノーベル平和賞を受賞したボーローグ博士が所属した「国際とうもろこし・小麦改良センター」や我が国と関わりの深い「国際稲研究所」を含む15の研究所が設置されており、8,000人以上の研究者・スタッフを擁しています。

CGIARホームページURL(英語):http://www.cgiar.org/

2.佐々木卓治氏の独立科学パートナーシップ理事会(Independent Science and Partnership Council : ISPC)への理事就任について

ISPCは、CGIARの研究戦略策定に係る助言を行う機関で、世界トップクラスの農業研究者7名から構成されています。

今回、任期を終える理事1名の後任として、東京農業大学教授の佐々木 卓治(ささき たくじ)氏が、日本人としては初めて選任されました(任期2年)。

同氏は、国際的コンソーシアムを議長として率いてイネゲノム解読を成功に導くなど、国際研究への多大なる功績を海外から認められており、また、その卓越したリーダーシップで世界的に著名なゲノム農学者です。

我が国の専門家が理事に就任することは、世界の農業研究分野における我が国のプレゼンス向上につながるものです。

ISPCホームページURL(英語):http://www.sciencecouncil.cgiar.org/

 

 (参考)

外務省ホームページ「国際農業研究協議グループ(CGIAR)の概要」

URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/bunya/agriculture/pdf/CGIAR.pdf

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局国際研究課
担当者:推進班  宝川、渡邉
代表:03-3502-8111(内線5902)
ダイヤルイン:03-3502-7466
FAX:03-5511-8788

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図