English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 平成25年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年12月18日

農林水産省

平成25年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の決定について

農林水産省は「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」の緊急対応研究課題について、公募を行い、採択課題を決定しました。

1.概要

農林水産省は、農林水産業・食品産業における革新的な技術の開発を基礎研究から実用化研究まで継ぎ目なく支援し、生産現場等の課題の解決、農林水産業・食品産業の成長産業化に貢献するため、「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」を実施しています。

本事業は、年度途中に不測の事態が発生し、緊急に対応を要する研究課題が生じた場合、「緊急対応研究課題」として、研究対象を設定し、対応することとしております。

この度、緊急に対応を要する研究課題として、下記の3つの研究対象について、研究実施機関(研究グループ)を決定しました。

今回募集した「緊急対応研究課題」の研究対象

研究対象1. シイタケ原木栽培における放射性セシウムリスクの低減技術の開発

研究対象2. 豪雨対策におけるため池の簡易的な貯水位予測技術の開発

研究対象3. オランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムの調査・分析

2.公募の結果

平成25年10月22日(火曜日)~11月21日(木曜日)において公募を行ったところ、以下のとおり応募があり、外部評価委員等による審査の結果を踏まえ、採択課題を決定し、農林水産省の委託事業として実施することとなりました。

各研究対象ごとの応募数及び採択数は以下のとおりです。

 

 

研究対象名

応募数

採択数

1

シイタケ原木栽培における放射性セシウムリスクの低減技術の開発

1

1

2

豪雨対策におけるため池の簡易的な貯水位予測技術の開発

1

1

3

オランダの大規模施設園芸拠点を支える産学官システムの調査・分析

2

1

3.採択課題及び研究実施機関

採択された課題及び研究実施機関は別紙を御覧ください。

研究実施機関と農林水産省が委託契約を締結後、研究を実施することとなります。

 

(参考)

平成25年10月22日付けプレスリリース

「平成25年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の公募について」

http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/131022.htm

お問い合わせ先

(事業全般について)
農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室産学連携振興班
担当者:山崎、北谷
代表:03-3502-8111(内線5898)
ダイヤルイン:03-6744-7044
FAX:03-3593-2209

(研究対象1について)
農林水産省農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
担当者:阿部、佐野
代表:03-3502-8111(内線5870)
ダイヤルイン:03-6744-2216
FAX:03-3593-7227

(研究対象2について)
農林水産省農林水産技術会議事務局研究統括官(食料戦略・除染)室
担当者:田中(宏)、中谷
代表:03-3502-8111(内線5840)
ダイヤルイン:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028

(研究対象3について)
農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課先端技術実証班
担当者:柚賀、高橋
代表:03-3502-8111(内線5897)
ダイヤルイン:03-6744-7043
FAX:03-3593-2209

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図