English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGR)の多数国間の制度に登録する植物遺伝資源(案)についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年3月26日

農林水産省

食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGR)の多数国間の制度に登録する植物遺伝資源(案)についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

 農林水産省は、食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGR)の多数国間の制度に登録する植物遺伝資源(案)について、広く国民の皆様から意見・情報を募集するため、本日から平成26年6月26日(木曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。

1.背景・趣旨

第183回通常国会において食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(以下「ITPGR」という。)が採択され、我が国は平成25年10月28日に加入しました。ITPGRへの加入に伴い、ITPGR第11条に従って、我が国の管理及び監督下にある植物遺伝資源(独立行政法人 農業生物資源研究所が実施する農業生物資源ジーンバンク事業で保存するものが該当)のうち特定のもの(附属書Iに定められた作物であって、「公共のもの」となっているもの)について、ITPGRの多数国間の制度への登録が必要となります。

このため、農林水産省は、農業生物資源ジーンバンク事業において所蔵する約22万点の植物遺伝資源のうちITPGRの定める基準に合致することが明らかな植物遺伝資源を多数国間の制度に登録する植物遺伝資源の候補(稲類、麦類、いも類、牧草・飼料の植物遺伝資源)リストとして整理し、当該リストに掲載された植物遺伝資源の登録の可否等について、広く意見・情報を募集します。

2.意見募集の対象となる案及び関連資料の入手方法

次の場所で入手及び閲覧いただけます。

(1)農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課 知的財産班

 (入手が可能な時間は、土、日、祝日を除く10時00分から17時00分)。

(2)電子政府の総合窓口(e-Gov)のホームページ

3.意見・情報の提出方法及び宛先

次の(1)から(3)まで、いずれかの方法でお願いします。

(1)インターネットによる提出の場合

以下のアドレス(電子政府の総合窓口(e-Gov))の「意見提出フォームへ」より送信可能です。

 

(2)郵送による提出の場合

宛先:〒100-8950 東京都 千代田区 霞が関 1-2-1

農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課 知的財産班 宛て

 

(3)FAXによる提出の場合

FAXの番号:03-3507-8794

宛先:農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課 知的財産班 宛て

4.募集期間

平成26年3月26日(水曜日)~平成26年6月26日(木曜日)(郵便の場合は当日消印有効)

5.意見・情報の提出上の留意事項

(1)提出の意見・情報は、日本語に限ります。

(2)意見・情報を提出される方が個人の場合には住所、氏名、電話番号、電子メールアドレスを、法人その他の団体の場合はその名称、代表者の氏名及び主たる事業所等の所在地を明記してください。御提出いただいた個人情報については、お問合せへの確認等の御連絡に利用します。

(3)意見・情報の提出に当たっては、必ずその理由を付してください。

(4)なお、電話や直接の面談による意見・情報の提出はお受けしませんので御了承願います。また、いただいた御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承願います。

6.今後の対応

農林水産省は、今後、御提出いただいた意見・情報を考慮した上で、ITPGRの多数国間の制度に登録する植物遺伝資源を決定し、登録に必要な諸手続を進めていく予定です。

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
担当者:知的財産班 本村、八木橋
代表:03-3502-8111(内線5890)
ダイヤルイン:03-3502-7436
FAX:03-3507-8794

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図