English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 研究成果発表会「地球温暖化による「海」と「さかな」の変化 -日本の海、サケ・サンマ・イカはどうなる?- 」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月4日

農林水産省

研究成果発表会「地球温暖化による「海」と「さかな」の変化-日本の海、サケ・サンマ・イカはどうなる?-」の開催について

農林水産省は、独立行政法人 水産総合研究センターとの共催で、平成26年12月4日(木曜日)に、東京国際フォーラムにおいて、研究成果発表会「地球温暖化による「海」と「さかな」の変化-日本の海、サケ・サンマ・イカはどうなる?-」を開催します。
本研究成果発表会は公開です。また、カメラ撮影も可能です。

1.開催の目的

農林水産省では、平成22年度より、プロジェクト研究「気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト」を実施し、その中で、水産分野における地球温暖化への影響評価と適応策等の技術開発を推進してきました。その成果を広く国民の皆様や関連業界等に紹介するために、研究成果発表会を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成26年12月4日(木曜日) 10時00分~16時30分

会場:東京国際フォーラム D5 ルーム

所在地:東京都 千代田区 丸の内 3-5-1

会場までの地図は、以下URLを御覧ください。

 3.プログラム

1)成果発表

(1) 海の変化 1 物理環境:水温・海流・鉛直混合

水産総合研究センター  小埜 恒夫

(2) 海の変化 2  生物生産:プランクトン・基礎生産

水産総合研究センター  田所 和明

(3) 海の変化 3 沿岸海域:藻場・沿岸生態系

水産総合研究センター  清本 節夫

(4) さかなの変化と漁業への影響 1 サケ

水産総合研究センター  永澤 亨

(5) さかなの変化と漁業への影響 2 サンマ

漁業情報サービスセンター  渡邉 一功

(6) さかなの変化と漁業への影響 3 スルメイカ

水産総合研究センター  木所 英昭

(7) 温暖化影響評価の現状と今後の展望

東京大学 大気海洋研究所  伊藤 進一

 

2)ポスター発表

4.参加可能人数

定員 200名

5.参加申込について

1)申込方法

参加費は無料ですが、事前に参加申込が必要です。インターネット又はFAXにて以下のお申込先に必要事項を明記の上、お申込みください。FAXによるお申込は、添付資料の申込書を御利用ください。なお、お電話でのお申込みは御遠慮ください。 

〈インターネットによるお申込先〉

〈FAXによるお申込先〉

FAX送付先:気候変動対策プロジェクト研究成果発表会(水産)事務局 木所宛て

FAX番号:025-224-0950

 

2)申込締切

平成26年11月27日(木曜日)

参加希望者が定員になり次第、申込みを締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承ください。

 5.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、別に席を用意しておりますので、事前にお申込みいただく必要はありません。ただし、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その場合は御容赦ください。

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
担当者:菅谷、牧野
代表:03-3502-8111(内線5870)
ダイヤルイン:03-6744-2216
FAX:03-3593-7227

気候変動対策プロジェクト研究成果発表会(水産)事務局
独立行政法人 水産総合研究センター 日本海区水産研究所内
担当者:木所
ダイヤルイン:025-228-0536
FAX:025-224-0950

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図