English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表 > 「アグリビジネス創出フェア2015」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年10月28日

農林水産省

「アグリビジネス創出フェア2015」の開催について

 農林水産省は、平成27年11月18日(水曜日)から11月20日(金曜日)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて、農林水産・食品産業分野の技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2015」を開催します。

本年度は、全国148の機関が最新の研究成果を出展するとともに、講演やセミナー、シンポジウムなど、来場者と出展者との連携を促す様々な企画を行います。

1.開催趣旨

「アグリビジネス創出フェア2015」は、全国の産学の各機関が有する、農・林・水産・食品分野などの最新技術や研究成果を分かりやすく展示し、研究機関間、研究機関と事業者との新たな連携を促す場として開催する技術・交流展示会です。

2.開催日程及び場所

日程:平成27年11月18日(水曜日)~平成27年11月20日(金曜日)

 (3日間とも午前10時00分開場、午後5時00分閉場)

会場:東京ビッグサイト 東6ホール

所在地:東京都 江東区 有明 3-10-1

3.出展機関

「アグリビジネス創出フェア2015」は、全国の大学、各都道府県の試験場、研究開発を行う独立行政法人、企業など148機関が出展を予定しています。

出展機関名、出展内容の詳細等は、「アグリビジネス創出フェア2015」ホームページを御確認ください。

 

<アグリビジネス創出フェア2015>

http://agribiz-fair.jp/

4.基調講演及びシンポジウム等

開催期間中、会場内で以下の基調講演を行います。

11月18日(水曜日)

 

1. 基調講演1

『次世代の農林水産・食品産業を導く「知」を創る ~「知」の集積と活用の場の構築:中間とりまとめを踏まえて~ 』

特定非営利活動法人 産学連携推進機構 理事長 妹尾 堅一郎 氏

 

2. シンポジウム

『農林水産・食品産業における「知」の集積と活用』

特定非営利活動法人 産学連携推進機構 理事長 妹尾 堅一郎 氏

キッコーマン株式会社 常務執行役員・研究開発本部長 松山 旭 氏

株式会社前川製作所 専務取締役 川村 邦明 氏

富士フイルム株式会社 取締役執行役員 浅見 正弘 氏

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター

上席研究員 門間 敏幸 氏

 

3.表彰式

『平成27年度(第16回)民間部門農林水産研究開発功績者表彰』

『平成27年度(第11回)若手農林水産研究者表彰』

 

4. 講演(異分野融合共同研究)

( 1 )『医学・栄養学との連携による日本食の評価』

国立大学法人 京都大学大学院医学研究科 教授    

国立大学法人 京都大学医学部付属病院 病院長 稲垣 暢也 氏 

 

 

( 2 )『農林水産物由来物質とナノカーボンの”ナノ・ナノ”コンビネーションと応用』

国立大学法人 信州大学先鋭領域融合研究群カーボン科学研究所

特別特任教授 遠藤 守信 氏

 

5.セミナー

( 1 )『国産原料(スギ)由来のセルロースナノファイバーの製造と利用』

国立研究開発法人 森林総合研究所

主任研究員 林 徳子 氏

 

( 2 )『革新的技術緊急展開事業 産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立に向けて ~攻めの農林水産業の実現に向けた実証研究の紹介~ 』

11月19日(木曜日)

1. 基調講演2

『地方創生と地域発イノベーション ~アグリビジネス創出における地方大学の役割~ 』

帯広畜産大学監事・小樽商科大学前学長 山本 眞樹夫 氏

 

2. 講演(異分野融合共同研究)

『革新的人工核酸結合タンパク質を用いたウイルス対策技術の確立と社会実装』

国立大学法人 岡山大学大学院自然科学研究科

教授 世良 貴史 氏

 

3.セミナー

( 1 )『宮城県の新しい水産加工食品』

独立行政法人 水産大学校水産学研究科 教授 前田 俊道 氏

 

 

( 2 )『漁村のスマートコミュニティ化技術実用化・実証研究について』

ミツイワ株式会社 マーケティング本部

マネージャー 小田嶋 俊和 氏

 

( 3 )『スマート農業の実現に向けて』

 

(ア) 『ロボット・ICTを活用した新たな農業の実現に向けて』

国立大学法人 北海道大学大学院 教授 野口 伸 氏

 

(イ) スマート農業の実現に向けた研究開発・導入実証の状況 

・『トマト収穫ロボット』の開発

パナソニック株式会社 生産技術本部生産技術開発センター 

課長 岡本 球夫 氏

・『搾乳ロボットを用いた精密飼養管理システムの開発』

農林水産省農林水産技術会議事務局

研究調整官 原田 久富美 氏

・『弁当盛付ロボット等の開発』

株式会社武蔵野 エンジニアリング部 課長 小林 明人 氏

・『栽培管理や収穫物運搬を代替する小型自律型ロボットの導入実証』

フューチャアグリ株式会社

代表取締役 蒲谷 直樹 氏

・『農業情報インフラの社会実証(異分野融合共同研究)』

国立大学法人 名古屋大学大学院情報科学研究科

教授 北 栄輔 氏

 

(ウ) 『農業情報創成・流通促進戦略の展開 攻めの農業に資するデータ標準』

内閣府内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室長代理/

副政府CIO 神成 淳司 氏

 

( 4 )『革新的技術緊急展開事業 産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立に向けて ~攻めの農林水産業の実現に向けた実証研究の紹介~ 』

 

 

4. 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業研究成果発表会2015

11月20日(金曜日)

1. セミナー

( 1 )『生産現場の夢トーク ~都道府県普及指導機関が構想する生産現場の課題解決を紹介し、取組に協力いただける企業・研究機関等を募集します~ 』

都道府県普及指導機関(普及指導員等)

(農林水産省生産局技術普及課)

 

( 2 )『バイオテクノロジーが切り拓く未来』

(ア) 『バイオテクノロジーを活用したイノベーション創出に向けて』

農林水産省農林水産技術会議事務局技術安全室 室長 鈴木 富男 氏

 

(イ) 『ゲノム編集技術を用いた育種改良の最先端』

国立大学法人 筑波大学 教授 江面 浩 氏

(ウ)『新たなカイコ産業の創出に向けて』

国立研究開発法人 農業生物資源研究所 瀬筒 秀樹 氏

 

( 3 )『革新的技術緊急展開事業 産学の英知を結集した革新的な技術体系の確立に向けて ~攻めの農林水産業の実現に向けた実証研究の紹介~ 』

 

2. 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業研究成果発表会2015

 

5.マッチングを促進するための各種取組

「アグリビジネス創出フェア2015」では、産学官の様々な来場者と、最新技術を出展する出展者とのマッチングを促進するため、農林水産・食品産業分野の専門家である「マッチング・コーディネーター」が常駐する「コーディネーターカウンター」を会場中央に設け、来場者からの技術相談に対応します。また、出展者が展示内容を紹介する技術・研究プレゼンテーションを開催します。

6.来場事前登録

当日も参加登録を受け付けますが、混雑が予想されますので、できるだけ事前登録への御協力をお願いします。

以下のURLから登録できます。

<URL>

http://agribiz-fair.jp/

7.その他

入場料は無料です。

御不明な点につきましては、下記お問い合わせ先に御照会ください。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:轟木、三原(事業全般について)
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

アグリビジネス創出フェア2015事務局
担当者:松谷(イベントについて)
電話:03-3533-5223
FAX:03-5548-2838
E-mail:agribiz-ex@fujiya-net.co.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図