平成16年6月29日
農林水産省農林水産技術会議事務局

原材料用輸入セイヨウナタネのこぼれ落ち実態調査について

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)では、我が国で栽培するのではなく、食用・飼料等の原材料用として外国から輸入する遺伝子組換え作物についても、輸送過程でこぼれ落ちる等により環境中に逸出し生育することを想定し、原材料用として輸入する場合も生物多様性影響を評価することとしています。

本調査は、カルタヘナ法検討過程での、原材料用として輸入する遺伝子組換え作物の生物多様性影響評価のあり方の検討に資する観点から、原材料用輸入セイヨウナタネを対象に、環境中への逸出の実態を踏まえた評価を行うことの必要性を確認するために平成14年度から15年度にかけて実施したものです。その結果、ナタネ陸揚げ地点周辺において、原材料用として輸入されたセイヨウナタネの生育が確認されたことから、遺伝子組換え作物を原材料用として輸入する場合についても、これまで同様、我が国の環境中で生育した場合の特性を把握した上で生物多様性影響を評価することとしたことは適切であると確認されました。

なお、今回の調査の結果、組換えナタネが環境中で生育していることが確認されましたが、この組換えナタネは、「農林水産分野等における組換え体の利用のための指針」に基づき、環境中への逸出により生育する可能性を想定した安全性の確認が行われ、食品・飼料としての安全性も確認されている組換えナタネの系統に属するものです。

(資料)本文

原材料用輸入セイヨウナタネのこぼれ落ち実態調査についての訂正について

お問い合わせ先
農林水産省農林水産技術会議事務局
技術安全課
川名、末口
代表電話 03-3502-8111(内線5098)
直通電話 03-3501-3780
、本文の内容は以上です。
ホーム | 報道発表 | 研究機関等が応募できる研究資金 | 刊行物 | サイトの利用について | サイトマップ