English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 研究機関等が応募できる研究資金 > 平成22年度委託プロジェクト研究の公募について


ここから本文です。

平成22年度委託プロジェクト研究の公募について

1.事業の趣旨

農林水産省では、農林水産政策上重要な研究のうち、

(1)我が国研究勢力を結集して総合的・体系的に推進すべき課題または

(2)多大な研究資源と長期的視点が求められ個別の研究機関では担えない課題

について、委託プロジェクト研究として実施しています。

2.公募期間

2010年1月8日(金曜日)~2月19日(金曜日)17時00分【厳守】

(水田底力、アシスト、国産飼料、アグリヘルス)

2010年1月12日(火曜日)~2月19日(金曜日)17時00分【厳守】

(地球温暖化、バイオマス)

2010年4月5日(月曜日)~4月28日(水曜日)17時00分【厳守】

*詳細に関しては、各プロジェクトの応募要領をご参照ください

3.公募課題

22年度予算において、以下の6課題について公募を行います。

なお、本公募につきましては、平成22年度予算政府案に基づき行っているため、今後、変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

 

 水田の潜在能力発揮等による農地周年有効活用技術の開発(新規)【H22~26年度】(平成22年度公募は終了しました)

 

 農作業の軽労化に向けた農業自動化・アシストシステムの開発(新規)【H22~26年度】(平成22年度公募は終了しました)

農作業の軽労化に向けた農業自動化・アシストシステムの開発のうち小型ロボットによる畦畔除草等自動化技術の開発(再公募は終了しました) 

 

 自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発(新規)【H22~26年度】(平成22年度公募は終了しました)

 

 アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト(新規)【H22~26】(平成22年度公募は終了しました)

 

 農林水産分野における地球温暖化対策のための緩和及び適応技術の開発(新規)【H22~26】(平成22年度公募は終了しました)

 

 地域活性化のためのバイオマス利用技術の開発(拡充)【H19~23】拡充部分H22~23(平成22年度公募は終了しました)

 

なお、契約書(案)(PDF:276KB)は、6課題共通の予定です。

4.応募方法

応募者は、以下の2つのいずれかの方法により、応募を行うことができます。

a  府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」という)を利用した電子申請

b  郵送又は持参による申請(従来の方法)

なお、FAX及び電子メールによる提出は受け付けられません。

また、e-Radを利用した応募を行う場合、応募者におかれては、あらかじめ研究機関及び研究者情報の登録手続きが必要です。研究機関登録手続き等のe-Rad利用方法の詳細については、こちら(http://www.e-rad.go.jp/shozoku/system/index.html)をご覧ください。

5.今後のスケジュール

公募開始(公示) 1月8日(金曜日)  (水田底力、アシスト、国産飼料、アグリヘルス)
  1月12日(火曜日) (温暖化、バイオマス)
  4月5日(月曜日)(アシスト再公募分)

公募説明会

場所:農林水産省

共用第2会議室
(本館1階ドアNo.116)

1月18日(月曜日) 10時00分~11時35分(温暖化、バイオマス)

1月18日(月曜日) 13時00分~15時00分(国産飼料、水田底力、アシスト)

1月18日(月曜日)  15時10分~16時25分(アグリヘルス)

*公募説明会の日程等の詳細に関しては、各プロジェクトの公示をご参照ください。

応募の締め切り 2月19日(金曜日) 17時00分
  4月28日(水曜日) 17時00分(アシスト再公募分)
委託先の決定 3月中旬
  5月中旬 (アシスト再公募分)
委託契約の締結 4月1日以降
  6月1日以降(アシスト再公募分)

 

6.その他

ご不明な点につきましては、下記担当までお問い合わせくださるか、こちら(水田底力、アシスト、国産飼料アグリヘルス温暖化、バイオマス)からお願いします。

お問い合わせ先

委託プロジェクト研究
・「水田の潜在能力発揮等による農地周年有効活用技術の開発」
農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室
担当者:中山、白神
TEL:03-6744-2214
FAX:03-3502-4028

・「農作業の軽労化に向けた農業自動化・アシストシステムの開発」
農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室
担当者:長坂、中畝、菊池
TEL:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028

・「自給飼料を基盤とした国産農産物の高付加価値化技術の開発」
農林水産技術会議事務局研究開発官(食料戦略)室
担当者:佐藤、雨宮
TEL:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028

・「アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト」
農林水産技術会議事務局研究開発官(食の安全、基礎・基盤)室
担当者:大塚、財津
TEL:03-3502-7435
FAX:03-3593-7227

・「農林水産分野における地球温暖化対策のための緩和及び適法技術の開発」
農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
担当者:瀧本、児玉
TEL:03-3502-0536
FAX:03-3593-7227

・「地域活性化のためのバイオマス利用技術の開発」
農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
担当者:枝川、岡本
TEL:03-3502-0536
FAX:03-3593-7227

府省共通研究開発
管理システム(e-Rad)について
担当者:e-Radヘルプデスク
TEL:0120-066-877(フリーダイアル)
(受付時間帯)午前9時30分~午後5時30分
*土曜日、日曜日、祝日を除く

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図